NO:10-2012

平成24年12月吉日

日本放射線腫瘍学研究機構会員 各位 殿


日本放射線腫瘍学会第25回学術大会
大会長  三橋 紀夫
(東京女子医科大学放射線腫瘍学講座主任教授)


拝啓

 益々ご清祥にてご活躍のこととお慶び申し上げます。

 11月23日から25日に東京国際フォーラムで開催した日本放射線腫瘍学会第25回学術大会では多くの会員の方にご参加いただき有難うございました。お陰様で成功裏に終わることができました。これも会員の方々のご協力の賜物と感謝申し上げます。

 この度、学術大会の一連の事業として添付のポスターのように平成25年1月19日(土)14:00から東京女子医科大学弥生記念講堂で市民公開講座を開催することになりました。

 福島の原子力発電所の事故で多くの国民、特に小さい子供さんがいらっしゃる親御さんたちは、放射線被ばくに大きな不安を抱えています。そこで今回は「子どもたちに放射線の知識を正しく伝えるために」と題して公開講座を企画しました。参加はどなたでも自由ですが、特に小学校や中学校の教員の先生方に放射線について正しく理解していただき、教育現場で役立てていただければと考えております。入場は無料で事前登録も必要ありません。なお、公益財団法人日本学校保健会、東京都教育委員会ならびに株式会社読売新聞東京本社からご後援をいただいております。

 一人でも多くの会員のご参加をお待ちしています。また、ご興味をお持ちの方が周囲にいらっしゃいましたら、お声かけいただけると幸いです。よろしくお願い申し上げます。

敬具

ポスタークリックすると拡大します

戻る