NO:27-2015

JROSG12-2 セツキシマブ観察研究へのご参加および症例ご登録のお願い

JROSG会員各位

先週末の総会の場でも新規施設ご参加のお願い、また参加施設においては追加症例登録のお願いを差し上げました。皆様のご協力のおかげで全300症例の半数までは順調に登録が進んだものの、ここ数ヶ月は登録が途絶えぎみで、予定の本年12月末での登録終了には間に合いそうにありません(7月31日時点で局所進行107症例/予定180例、再発遠隔転移78症例/予定120例)。研究期間の延長については短期間なら問題ないものの、企業からJROSGへの研究費支援契約を結んでの研究であり、大幅な期間延長は認められないとの方針です。

残り5ヶ月でLA(局所進行)残り73例、RM(再発遠隔転移)残り42例の登録が必要です。

これにはLA症例を月15例、RM症例を月9例の登録が必要で現状ペースでは達成が困難と考えます。

6ヶ月の研究期間延長で試験を終了させるためにはLA症例を月7例、RM症例を月4例の登録が必要です。

また、本研究は企業からの研究委託を受けてJROSGが実施する研究であり、JROSGが今後もこのような企業とのコラボレーションを続けられるかどうかの試金石となるとも考えています。何としても大幅な期間延長なく研究を成功させねばならないと感じて取り組んでいます。

各施設には1症例登録あたり7万円の研究費が支払われますが、同時にJROSGにも3万円の研究費が支払われ、JROSGの財政基盤にも大きく貢献する研究です。データセンターである九州がんセンター臨床研究センターにも多大なるご協力をいただきながら、是非円滑な運営を心がけていきます。

是非新規の施設参加のご検討、またすでにご参加いただいている施設にはあと数例のご登録を何とぞよろしくお願い申し上げます。すでにご参加いただいている施設においては、研究費支払いの施設契約締結以降に治療開始した症例であれば、レトロスペクティブな(治療終了後からの)登録は可能です。その点も是非ご検討ください。

なお、研究期間についてはこれから参加をご検討いただいても登録に支障ないように期間延長する方向で内諾は得ています。参加希望のご連絡は私の方までメール連絡いただければすぐに必要書類をお届けするつもりです。ご検討よろしくお願い申し上げます。

太田陽介
兵庫県立がんセンター 放射線治療科
〒673-8558
明石市北王子町13-70
phone: 078-929-1151
fax: 078-929-2380
e-mail:  yosukeota@hp.pref.hyogo.jp

戻る