NO:32-2014

骨転移に対するアンケート調査のお願い

平成26年9月2日
JROSG緩和グループ長 鹿間直人

前略

お忙しい所申しわけございません。
JROSGの会員の皆様に御協力いただきたく、ご連絡申し上げました。

 来月、韓国で日中韓シンポジウムが開催されます。
その演者として、国立がん研究センター中央病院の伊藤芳紀先生が、日本を代表して本邦の骨転移に対する現状調査を報告することになりました。

 開催国である韓国側からの指定の調査内容がつい先日に届いた状況で、日本全国の調査を行うにはかなり日程的に厳しい状況です。そこでJROSGの会員の皆様に無理を承知でお願いする次第です。JROSG緩和グループとしても全面的に伊藤先生の支援をして行きたいと考えております。主旨をご理解の上、添付のアンケート用紙にご記入のうえ、伊藤芳紀先生(yito@ncc.go.jp)にお送りいただければ幸いです。

 日中韓の各国の現状を把握し意味あるシンポジウムとなり、しいては日本の緩和照射の発展に繋がればと考えております。何卒、よろしくお願いいたします。

 急なお願いで恐縮ですが、データ解析、抄録作成、発表資料の作成の都合上、9月19日(金曜日)までにお送りいただければ幸いです。

草々

アンケート用紙はこちらよりダウンロードできます→

戻る