NO:35-2014

JROSG乳腺腫瘍委員会報告

特定非営利活動法人
日本放射線腫瘍学研究機構JROSG
会員各位

謹啓 清秋の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。また、平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。下記の通り、乳腺腫瘍委員会の活動をご報告いたします。

乳腺腫瘍委員会委員の紹介

委員長 :唐澤 久美子(放射線医学総合研究所)
副委員長:相部 則博(京都府立医科大学)
委員  :青木 昌彦(弘前大学)、赤羽 佳子(自治医科大学さいたま医療センター)、小川 恭弘(加古川医療センター)、淡河 恵津世(久留米大学)、金森 修一(近畿大学)、河守 次郎(聖路加国際病院)、齋藤アンネ優子(順天堂浦安病院)、鹿間 直人(埼玉医科大学国際医療センター)、白石 憲史郎(東京大学)、関根 広(慈恵医大第三病院)、立入 誠司(京都市立病院)、山内 智香子(滋賀県立成人病センター)、吉村 通央(京都大学)

活動状況・今後の活動予定

以下のプロトコールについて具体的な進め方を検討中です。

  1. 乳房照射の照射方法について調査を踏まえた標準化(責任者 相部)
    乳房照射時に腋窩が照射される範囲、乳房の線量均一化の手法、Boostの方法や線量、線量分割などを調査し、標準化に繋げる。日本乳癌学会(JBCS)班研究「センチネルリンパ節転移陽性乳癌における腋窩治療の最適化に関する研究」でリンパ節領域への照射に関するアンケート調査が予定されているが、JROSG ではJBCSとの重複を避けつつ、全乳房、腋窩、鎖骨上窩、胸骨傍リンパ節領域照射に特化したより詳細な現状把握を行う。この中ではダミーランによる三次元データも利用した線量分布の違いなどを確認することも計画している。最終的には、この実態調査(PCS)を通して、全乳房照射の標準化、high tangent field の定義とその照射野の標準化へと結び付ける予定である。
  2. 寡分割乳房切除術後照射(PMRT)の臨床試験(責任者 河守)
    温存乳房に対する寡分割は標準治療となったが、乳房切除術後の照射でも寡分割照射は患者の負担軽減に有効と考える。アジア原子力協力フォーラム(FNCA) http://www.fnca.mext.go.jp の放射線治療プロジェクトが昨年より行っている寡分割PMRTの研究プロトコールへの参加あるいはそれに準じた前向き研究を検討する。http://www.fnca.mext.go.jp/english/mu/e_ws_2013.html
  3. 乳房インプラント挿入例に対する放射線療法の安全性に関する前向き臨床試験の再検討(責任者 唐澤)
    2011年度の予備調査では協力可能施設と症例が少なく、研究として成立しないと考えていたが、乳房インプラントが保健適応となり、乳房インプラント挿入例に対する放射線療法の安全性を検討することは益々重要となった。昨年9月には日本乳房オンコプラスティックサージェリー学会(JOPBS)が発足し、今年8月より研究プロトコールの公募が始まったことより、これに応募して共同研究を打診する。採択されなかった場合も、形成外科や乳腺外科と協議しながら、研究を再検討する。

以上

こちらの報告内容は、JROSGホームページ内の部位別専門委員会のページでもご確認いただけます。
今後ともJROSGの活動へご指導、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

謹白

戻る